日本野鳥の会 遠江  探鳥会・行事報告57

2018年9

旧行事報告 最新 56 55 54 53 52 51 50 49 48 47 46 45 44 43 42 41 40 39 38 37 36 35 34 33 32 31 30 29 28

会員専用探鳥会・行事報告のページはこちら

日本野鳥の会は、野鳥や自然を愛する人々が集う自然保護団体です。のトン汁会は

 

 

遠江ホーム

会の紹介

 会報紹介

●入会案内

●探鳥会・行事案内

●年間行事予定  

●探鳥地案内  

●季節の鳥便り

  遠江エリア外

●各部会活動

探鳥会・行事報告

●催事案内

●保護地紹介

●会員作品集

●リンク集

総会の様子

2018.10.20 太田川河口 探鳥会が開催されました。

 秋晴れの気持ちのいい日差しの中での探鳥会でした。モズの高鳴きが聞かれ、常連のミサゴも登場し、渡りのヒヨドリの群れがいくつも西に向かって飛んでいきました。今シーズン初認という人も多かったジョウビタキ(♂)が出現し、河口近くにたくさんのカモも到着して季節の移り変わりが感じらました。

晴天の太田川河口で探鳥

   

ジョウビタキ♂

 

太田川河口探鳥会で認めた主な鳥:ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、キアシシギ、イソシギ、ミサゴ、トビ、ノスリ、カワセミ、チョウゲンボウ、モズ、ツバメ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ など(参考:ハヤブサsp)

-----------------------------------------------------

2018.10.6 伊良湖岬探鳥会が開催されました。

 台風25号接近中で開催が危ぶまれたが熱心なホークウォチャーが13名集まり開催。案の定強風と小雨のためタカの渡りは低調。ヒヨドリも少ない。ハヤブサが何度も旋回した。

腰を据えて渡りの観察

 

ハヤブサの渡り

 

伊良湖岬探鳥会で認めた主な野鳥 :キジバト、オオミズナギドリ、カワウ、ウミネコ、ハチクマ、トビ、サシバ、ノスリ、ハヤブサ、モズ、ツバメ、ヒヨドリ、ノビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロ、(参考:コジュケイ) など

-----------------------------------------------------

2018.9.22 磐田大池探鳥会が開催されました。

 開始時の雨はすぐに回復し、バードウォッチング日和になりました。エリマキシギやセイタカシギも観察でき、バンやヒクイナ等も見られました。

秋の磐田大池でバードウォッチング 

   

アオアシシギ

 

磐田大池探鳥会で認めた主な鳥:キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、ヒクイナ、バン、セイタカシギ、アオアシシギ、イソシギ、エリマキシギ、カワセミ、モズ、ツバメ、ヒヨドリ、セッカ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ など (参考:ツツドリsp)

-----------------------------------------------------

2018.9.15  みどりーな(浜松市緑化推進センター・飯田公園)探鳥会が開催されました。

 雨が心配される天気予報にもかかわらず最後まで降らず、青空さえ覗き47名もの参加者を迎えての賑やかで楽しい探鳥会となりました。野鳥たちは木陰に身を潜めているのか、野鳥たちは姿をなかなか見せてくれませんがコサメビタキやキビタキが姿を現してくれました。又、この公園の常連カワラヒワの群れがメタセコイアの梢に姿を現し参加者を喜ばせてくれました。

みどりーな飯田公園でバードウォッチング

   

キビタキ♀

 

(みどりーな)飯田公園探鳥会で認めた主な鳥:キジバト、カワウ、カワセミ、コゲラ、モズ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、コサメビタキ、キビタキ、キセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ  参考(ドバト、コジュケイ) など

-----------------------------------------------------

2018.9.8  御前崎海岸探鳥会が開催されました。

 不安なお天気から最後は晴天の暑い日になって残暑の海岸をシギやチドリ等で楽しみました。

晴天になった御前崎海岸でシギ・チドリを観察

 

ミユビシギとキアシシギが飛ぶ

御前崎探鳥会で確認された鳥:オオミズナギドリ、カワウ、シロチドリ、(オオ)メダイチドリ、キアシシギ、キョウジョシギ、オバシギ、ミユビシギ、トウネン、ツバメ、ヒヨドリ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、など (参考・開始前クロサギ、チュウシャクシギ)